京からかみでモダンな空間に

美しい細工紙「からかみ」を住空間を満たす一つの素材として
天保時代からの版木を使い、古来の伝統を守り続けている株式会社丸二の“京からかみ”を御紹介。

伝統的な木版摺りの技法によって作られる京唐紙。
唐からの輸入した紙を原点とすることから、その文様には中国的なものと、日本文化に深く根を下ろした日本独自の文様とが混在します。 そこには日本人の豊かな感性が反映されており、寺院や離宮・茶室・料亭などの需要に支えられ、技法と共に現代に伝承されています。
是非モダンな空間にからかみを取り入れてはいかがでしょうか。